あけましておめでとうございます

おひさしぶりです。

生きています。

文章を書かなかったりすることが多い日々ですが

結局就労継続A型に通うことになるかもしれない。

これまで月々20万くらい普通に稼いできたけど、これからは5万円くらいしか月々稼げない。

やる価値あるのかな。と今は思う。

アフィリエイト低迷

アフィリエイト収入がやすくなってきている。

記事数が低迷しているからだろう。

書くにあたり収益になる文章を書く「狩場」みたいな場ではなくてレッドオーシャンになった感じ。

もう書いても金ならない。サロン系や個人が稼具合NOTE系はあてにならないし

これダメだなって感じだ

アフィリエイトブログが好調なので、他にも何か似たようなことができないかとかんがえていたら 、ぶろぐ自体は2019年のゴーグルのアルゴリズム変更でこれまでの対策や稼ぎ方がうまくいかなくなったらしい。

そうなると、今やっている方法のブログを別のジャンルでやるしかないのだけど、とにかく売れない( ゚Д゚)七転八倒してしまう。

辛い( ;∀;)

hatenaをずっと放置していたけど

特に書くべきことが見当たらなかっただけなんだよね。

日常は鍵垢のツイッターでつぶやいちゃうし、大きな事件が起きているわけでもない。

そんな具合だと、はてなが書くことがない。収益性の高いことを書くわけでもないので、本当にただのブログという感じだ。

 

最近は、NoteやYOUTUBEに収益化できるのではないかと考えているものをの決定ているけど無理だろうな。

自分にはアフィリエイトを2万円稼ぐのがネットでできるせいいいっぱいかもしれない。

働きたいけど、働く場所はないし、なかなか難儀にしてるよ

コロナワクチン二回目接種

二回目接種してきた。

副反応はほぼなし。

 

同じ日に夫婦で接種してきたのだけど、二人とも目立った副反応は無く、平常通りに生活することができていた。

体温の異常な上昇・発熱 なし!

その他の不調 なし!

注射後の筋肉痛 若干あり! (腕は上がる)

 

その程度だった。

 

でものちに副反応に関する記事を読むと、辛い人は本当につらいようなので、3回目接種がもしあるのだとしたら、自分達夫婦は摂取する日を微妙にずらしていこうと思った。

家庭が機能不全になってしまったら、誰もお互いを介助できないからね。

 

そんな感じです

メカニカルキーボードハマりかけおじさんによるキーボードレビュー「ロジクール K835GPB」

このほど紹介するキーボードはこちら

ロジクール K835GPB

 

 

 

7

打鍵感と打鍵音が大き目なメカニカル・コンパクトキーボード「K835GPB」だ。

以前、エレコムのキーボード「ECTK-G01UKBK」を買ったのだけど、打鍵感が強く、打鍵音の大きいモデルが気になってしまった。

 

 

以前はメンブレンのヘコヘコと押すだけの端末で十分だったのだけど、少しだけ上質を知ったことで、より自分に合うキーボードがあるのではないかと考えてしまったのである。

「ECTK-G01UKBK」もけして悪いキーボードではない。大きく場所は取る。でも打鍵感はあり、キーを押しても静かなため、自宅で使う分には何一つ問題のない製品だ。
ゲーミングキーボードなので、過剰に光っていたりはするものの、マットな質感は中々に魅力的だった。

のだけど、より個性のあるキーボードを目指して、結局、新たなキーボードを購入するに至ってしまったのである。

 

そして今回買ってしまったのが、ロジクール K835GPBだ。
癖の塊のようなキーボードであった。

テンキーレスでサイズは非常に小さい。商品重量自体がそこそこあるのは、筐体にアルミを使っているからだろう。光沢のある筐体は中々に美しく、一方でキーボードのキーは黒くマットな仕上がりになっている。

そして使い始めて、あっという間に魅了されてしまったのは、その打鍵感と打鍵音である。もっと正確に言えば「カチカチコチコチスコスコ」と打鍵するたびに響く打鍵音が非常に良い。

正直に言ってしまえば、ブラインドタッチでジャカジャカと文字を打っていくと、打鍵している自分でも少々うるさいなと感じるときもある。
会社や職場などで使うのは、いささか近所迷惑がすぎる気もする。そのくらいある程度の音量で打鍵されていく。

だけれども、このタイプライターで文字を打っていた頃と何一つ変わらないであろうこの打鍵感・打鍵音に自分はあっという間に魅了されてしまった。

癖の塊のようなキーボードであるのは事実だと思う。
これが「青軸」を使ったキーボードの特性なのか、それともこの製品だけの特徴なのかは自分には分からない部分があるものの、それでもこんなにうるさいキーボードは初めてだし、同じようにこれだけキーボードという道具に魅了されたのも始めてである。

好きな人は間違いなく好きなキーボードだと思う。
自分はこのキーボードをメインに作業をしていこうと思っている。

その位、この音と打鍵感には魅了されている